FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2017/02/24
10:59:28



よく言われたり、思われていることに

『どこから、その自信はくる?』

というのがあります。


別に自信満々なわけではないですよ(笑)

まず、主従に関しては経験からある程度学びました。

そのうえで自分のやり方に合う人のみ接点をもっています。

私のやり方が通用しない人とは接点がないわけですから積み上げたものが崩れて呆然とすることはない(笑)

まあ、裸の王様みたいなものかもしれませんが、万人うけしようなんておこがましいですから。

なんの問題もないように、自分で環境を整えているだけのことです(笑)











たまには、真面目に書いてみますかね。

今の自分を作り上げたのは仕事です。
積み上げて積み上げて今の自分がいます。

他がどうであれ自分が積み上げたものは変わりません。だから自信があるように見えるのかもしれませんね。
がっつり下積みを経験しました。


受験勉強から思い切りにげた自分がいました。
麻雀、パチンコ、女に明け暮れ、両親に迷惑をかけまくりました。

甘えていました。何よりも自分に。

そして、受験から逃げた私は軽い気持ちで働き始めました。

しかし、逃げが染み付いていたのでしょう。
うまくいくはずかなく、人手不足だったからクビにならずにすみました。
二年間ナメた態度で仕事をして、その状況にいる自分に恥ずかしさを覚えるようになりました。

そして出した結論が
プライドを全部捨て必死で食らいつくこと。

一年間で休みが4日。一週間で睡眠時間が10時間だったこともありました。
Mではないので喜びは皆無(笑)
不器用に食らいついて食らいついていただけで、五年、下積みは7年でした。早い人は三年のところをです(笑)

そして、ようやくスタートラインにたてました。

今でも自分が成功したとは思いません。
仕事の自分に自信があるわけでもない。

あるのは、厳しい下積みを乗り越えたという誇りです。

その誇りを胸に日々生きているだけなんです。

10:59:57



SNSのコミュニティなどで、アメンバー、マイミクといいつつ相手募集の書き込みを見たり
SMを嗜好している人のプロフィールを見ると

「SMや主従には信頼関係が大事です」

という書き込みをしている方多いですよね。
言わんとしていることはわからないまでもない。

しかし・・・
「信頼関係なくして関係は結べません」
と書いてあるのを見ると・・・

「そりゃ無理だろ」と思ってしまう。

信頼は簡単にできるものではありませんよね?
積み重ねがあって、徐々に醸成されるが
一度崩れてしまうとあっけなく壊れてしまうもの。

信頼関係を主従を始める条件にしていたら
いつまでたっても主従なんてできないんじゃない?

私自身は、人間は疑念が生まれやすい生き物。
信頼や信用はよりどころとしないほうがいいのではないかと思っている。

他人に対する信頼とかを強調する人って
実は自分の決断を信頼していなかったり
そもそも決断できないで他者に決断を委ねているに過ぎなかったり
するのではないだろうか?

結局のところ、言葉や行動で判断するしかない。
「覚悟」が備わっていれば、
その人の発する言葉や態度に大きな変化はないので相手もブレない。

表面的にはブレたとしても、根源がしっかりしてれば
修正は可能。
その修正する原動力といえば、覚悟だったり決断だったり
自分を信じられるかどうか・・・

毎度毎度になるが
「覚悟」そして、ブレない行動こそ
主従関係を紡ぐ上でまず第一に大事にすべきことだと思う。

信頼関係は後からついてくるもの・・・
関係性が確立してから、より所になればいい。

23:55:32



主従を結び、女は頑張ろうとする。
成長したいと思うから。

ただ、私が頑張ってほしいタイミングと女が
実際に頑張るタイミングが真逆になる場合が多い。

えてして女は、俺の前で「いい子」でいようと頑張ろうとする。
でも、それって悪いところを見せないだったりして、
その時だけいい子を演じることも可能。

私の前だけ「頑張ろう」としてしまうんですね。

嫌われるんじゃないかとかで、言葉を出せなくなり
窮屈に窮屈にしてしまい、爆発するなんてこともよくある。
これで成長するわけがない。

いつもいつもイイコを演じてきて疲れてしまっていて
自分の真の心を出したくて、従者になったはずなのに・・・
いつも以上にイイコを演じることに頑張ってしまい、より苦しくしてしまう。
そして、日常にも影響を与えてしまう。

壊れる→逃げる・・・

毎度のパターンですねえ(苦笑)

私は、日常を「頑張ってほしい」んですね。
社会人として人間として、健康であることに頑張ってほしいんです。
日常の精神状態をよい状況にもっていくことに頑張ってほしいんです。

実際、日常生活については、かなり口を出します。
特に健康的な生活を過ごしているかは気にかけます。

日常がうまくいくようになれば、ベースが上がりますから
私の前で演じなくても大丈夫です。

また、成長という面でも
俺との時間と自分ひとりの時間、どっちが長い?
圧倒的に自分ひとりの時間ですよね?

変わろう、成長しようと思ったら、
自分で過ごす時間を変えていくしかないんですよ。
頑張るのは俺の前ではない。
日常生活の中で、頑張って・・・
俺の前では成果を見せるもよし、甘えるもよし・・・

見せかけだったり、ハリボテだったり
その場しのぎのものなんて求めていないんです。
俺の前だけ頑張ってもあまり意味がないんです。

日常生活で頑張っていて、その褒美として
「俺との時間がある」「俺に甘えられる」

そんな感覚で日々を過ごしてほしいといってきているのだが・・・

これがうまくいかない(苦笑)

07:39:37



SM,主従の世界では、どうもひねくれた言葉使いが多くて嫌だ。

たとえば、「いじめる」
暴力的な関係ならば、責めるいじめるというのもわかるが・・・

主従やSMパートナーという関係性で
「いじめてください」「いじめてあげよう」というのは猛烈な違和感がある。

無理矢理、背徳感を出しているのでしょうかね?

楽しいことをしているのだから
「女の体で遊ぶ」が正しいと思い、俺はそうしている。

「こんなに濡らして悪い子だ」
「ごめんなさい」

というやりとりもよく見ますが・・・

主の前にいる従者が濡らすのは当然だよね?
従もそれをうれしいと思っているんだよね?
それなら

「いい子だね」「おまえらしいね」
「ありがとうございます」

こんなやりとりの方が素直な言葉使いだと思う。

「けなす」ー「謝る」じゃなくて
「褒める」ー「感謝する」


M女性は感情を言葉に出して表現することをためらうことが多い。
主は従者が主に素直に伝えられるように言葉を使いましょう。

23:37:04




従者は「頑張らないといけない」とよくいう。

じゃあ、何を頑張るのか?と問うと・・・
「主の喜び」のためにと答える人がとても多い。

そして、具体的にと問うと・・・
1、調教を受けて主好みになる
2、性技の向上
3、主をイライラしないように気をつける

まあ、大体こんな答えを言ってくることが多い。

いわゆる調教というと、苦しい、痛いなどを耐えるということ
耐えて頑張って褒めてもらうという構図をよく聞く
まあ、後は性技の向上もそうだろう。

でも、頑張るところってそこなのかな?と思う。


少なくても、私はそういうことは頑張ることではない
そもそも、調教という概念が私にはない。
奴隷ではなく、一人の人間として成長して欲しい。

性技はあったほうがいいが、自然に身につければいいので
頑張ることではないという考えがある。

また、私が従に対してイライラするのは、
「黙り込んでしまったり、ウソをつかれること」
これらは、頑張らなくても改善できることです。

そもそも、私を主に選ぶ従は
「日常が不安定であり、根っこが出来ていないから」

私が従に頑張ってほしいのは
「日常をひとつひとつ積み上げ、放棄しないこと、逃げないこと」

私にとって、女との時間は
縛ること、縛られること
責めること、肉体改造・・・が目的ではない。

女との時間は
日常を頑張った従に対して、私が判断を下した上で
褒美の時間になるか、罰・躾の時間になるか・・・です。

まあ、時には、私がはけ口として使うこともありますが
そういうのは、「従」は大体喜びますから、OKです。

プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク