FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:26:15

今回もリクエストネタです。



以前「終わりはきっちりと」という日記を書きました。

http://ameblo.jp/dokugumo777/entry-11018558497.html





(下記抜粋)

主従だろうが、恋愛だろうが・・・
 

「自ら関係を終わらせる人は、情けをかけてはいけない」 と思う。



むしろ、徹底的に痛めつけたほうがいい。 



相手を納得させるなり、あきらめさせるなり 

「自分のわがままを通して、関係を解消するのだから 

 相手を納得させるべき、あきらめさせるべきだとは思いませんか?」 



 



濃密だった関係だからこそ徹底的に切り捨てて欲しい。 

トラブルを防ぐとともに、 

あなたのメッセージを明確に伝えることになります。 



腹をくくって、関係を絶つ努力をしましょう。 

それが、相手への礼儀ではないでしょうか? 



 



という内容でした。



 



そして、こんな質問がありました



「逃げた女に未練はないのか?」



 



失いたくなくて、未練というよりも



逃げた原因を知っておきたいというのはありますね。

「ない」とは言えませんかね。

それまで積み重ねてきたものは残っていますから、寂しさを感じたり、



時折思い出してしまったりはどうしてもありますね。



それが、未練といえばそうかもしれません



 



今回の質問は、



「好きな人、元主の忘れ方でした」



 



私の場合、好きな人というか従者についてということになるのでしょうが



忘れようと思ったことすらありません。



「いない」という現実にどう慣れるかというのが大きなテーマでした。



 



私の場合は、できるだけ正面から対峙することを心がけている分



従者に割いていたかなりの時間が空いてしまったわけです。



従者と過ごす時間は、仕事からも家庭からも離れたリラックスタイムで、



素の自分でいた時間です。



インターネットカフェにいったり、車で首都高速をドライブしたり



一人の時間を過ごすことで、素の自分でいられるようにしています。



従者の立場の人は、この解決方法はできないでしょうがね。



 



話は戻りますが、忘れるということを意識しなくてもいいのではないでしょうか?



物事は少しずつ過去になっていくわけです。



まずは、落ち着いて日々を過ごしていくことに専念していく。



思い出したら思い出したでいいじゃないですか?



それだけ濃密な時間だったのですから、忘れるために労力を使うのは無駄です。



ただ、思い出した後に〝切り替え〟をすることは重要です。



 



思い出している中でも、ふっと冷静さを取り戻すときが必ずあると思います。



その時間に、何か行動する



たとえば、部屋の掃除をする、誰かに連絡する。散歩する。食事の支度をする。



なんでもいいので、思い出したときとは違う行動を起こすことです。



そうすれば、切り替えができますからね。



そういう日々を積み重ねていくことで、徐々に相手がいない環境に心が慣れてくると思います。



 


関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント
1. 無題
ありがとうございます。

主を失った→要らないから捨てられたのだ→過ごした時間、私自身など全否定された気分→私だからだ→やっぱり私は駄目なのだ。

この無限ループから抜け出せないんです。

頭では「どうにもならない事実で離れた」と理解してても心が追いつかなくて…

長文コメ失礼しました。

ゆきた│URL│2012/07/18(Wed)12:06:36│ 編集
2. Re:無題
>ゆきたさん

そのループはよく聞きますね。
でも、「無限」ではなく「有限」だと思いますよ

毒蜘蛛│URL│2012/07/18(Wed)19:50:14│ 編集
3. 無題
いま、単身赴任してる方と主従関係にあります。
ご主人様は42歳既婚者。単身赴任だけど、ご家庭をとても大事にされています。
私は25歳未婚です。

主従関係といってもかなりソフトだとは思います。
ご主人様は、とても優しく可愛がってくれています。
でも、やはり既婚者ですので、必ず終わりは来ますし、もともと転勤の多い仕事なので、もしかしたらこの3月にでもいなくなってしまうかもしれません。
長くても来年の3月には転勤されるでしょう。

それをここ最近ずっと考えていました。
ご主人様がいなくなったら、私はどうなるんだろう。寂しくて立ち直れないかもしれないって。
きっと忘れられないだろうって。

そんなときにこのブログをみつけて、いまこのページにたどり着きました。
別れは必ずありますよね。
きっととてもつらいけど、それだけ濃密な時間を過ごしたということ、という一文に涙が止まりません。

友人にも話していない関係ですので、今までの恋愛のように失恋して泣き喚いて愚痴をこぼしてすっきりする…とかも出来ません。

改めていろいろな覚悟をしなくてはいけないんだなと思いました。

ぷー│URL│2014/02/06(Thu)08:57:29│ 編集
4. 無題
>ぷーさん

コメントありがとう。今できることを丁寧にすることを心がけるのがよいと思います。いい経験を積み上げてください。その経験はどんな形であれ必ず生きてきます。

毒蜘蛛│URL│2014/02/06(Thu)09:46:48│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://dokugumo777.blog.fc2.com/tb.php/84-53377fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク