FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/04/24
09:26:17
この世界に身をおいてから10数年。(長いな@苦笑)

「女」との関係において、躾は当然重要だった。
当初の俺は、躾という言葉から来るイメージそのままに
厳しく接していたと思う。

今になってみれば、反省というかもっとやり方があったのかな
と思うことはある。


SMは手段だと過去の日記でも書いたが
必要だと思えば、厳しい行為を行うことも厭わない。

躾や仕置きには、心に響く痛みがなければ意味がないと思うので
暴力的な行為も行うときはあるし
「放置」や「街中で捨てる」ということもしてきましたし
これからも、必要だと思えばやるでしょう。

自分の性癖を押し付けるために「躾」という表現をする人がいるが
それは、俺の世界にはないことなのでここでは触れません。

経験を積むにつれ変わったことは
「メリハリ」の重要性。
また、メリハリがないとこっちも疲れてしまうということだった。
なんでもかんでも暴力的に押し付ければいいというのは
全くの間違いだということもわかりました。

躾というのは、飼い主側から見れば自分の都合の良いように
また他に迷惑をかけないように、教育をしていくということになるのだが
結局、押し付けても身にはつきにくい。

単なる暴力からは、何も成長しません。
「女」は殻に閉じこもり、意思の疎通もできなくなります。
主が躾を行い、従がそれを自らの意思で受け止める、受け入れる
その関係性がなければ、躾は単なる暴力。 

また、なんでもかんでも押し付けていたら
相手は指示待ちになってしまうし、こっちも指示を出すことに疲れる。

指示待ちで怯えた目をした「女」といても楽しいわけがない。
私には、そういう女をいじめるサディスティックな感覚はない。

どんな物事でもポイントになる事柄は数点。
そのポイントの対処法をしっかり示し
それを逸脱したら、教育したり躾をすればいい。

そのときのポイントは、
なぜこの躾、お仕置きが必要なのかをしっかり相手に理解させること。
そして、納得させることである。

納得があり受ける痛みは
「とびあがるような痛みも受け入れられる」
「軽い痛みでも、心に突き刺さることもある」
でしょう。

互いに向き合って躾を行い、躾を受ければ
大体のことは身についていきますよ。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://dokugumo777.blog.fc2.com/tb.php/59-4a89a21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。