FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2011/09/14
16:27:18
私のスタンスを書き記しておく。
ただ、2011年9月現在
「主従関係」を結ぶことにとても慎重になっているので
あくまで、基本的な考え方と捉えてください。


私は、相手が私を必要だと 強く望まない限り関係を結ばない。
関係を結んだ以上、その面倒はかなり無理をしてでも見る。
時間も使うし、体力的にもだ。

相手にには「覚悟」を求める。
強い意志は主従関係に不可欠であり
継続することはできないからだ。

「女」という状況を自ら選ぶ以上
「強い気持」は備わっていると思うのだが・・・
これを維持するのは、なかなか難しいようだ(笑)

私には、加虐の喜びはない。
躾は行う。
お仕置きとして加虐的行為は行う。
肉体に与えたほうがよいことならば、鞭も使う。
精神的な問題ならば、心に深く刻み付けることを行う。 必要だから行う。

異常な世界で結びつく相手だからこそ
最初と最後だけはしっかりしたい。
互いに納得して、新たな道に進めるように・・・

私のSMに対する基本的な考え方です。

●主従
 私のSMのスタンスは「主従」です。
 あくまで私が「主」で相手は「従」です。
 「従」の意見や発言は認めますが、最終的な判断は私です。
 「従」の意見や発言が正しければ、当然認めたり、
 場合によっては謝罪することもあります。
 私から口説くことはありません。
 あなたが私の考えを知り、喰われたい、女になりたい
 意思を見せてから始まることです。

 そして、近づくなら「覚悟」をもってください。

●日常生活
 基本的には日常も含めた上での管理が前提です。
 精神的な面、日々の過ごし方、お仕置き、飴などなど
 その時々に応じたことを行います。
 特に、「従」は一緒にいるときよりも、いないときの方が
 壊れやすい。壊れにくくするのは、私の当然の責務です。
 そのため、「報告」は何よりも大事ですね。
 「報告」がなければ把握できませんから・・・
 しかし、それぞれの事情は考慮します。
 (たとえば、家庭環境、仕事など)
 →常識の範囲をちょっと超える程度でしょうか?

●エロ
 そらあ、私だってエロです。
 しかし、エロだけを求めているのではありません。
 エロな女は好物ですがね(笑)

●私の喜び
 日頃出せない姿、そして私だけが見ることができる笑顔
 その姿を引き出すことが何よりの喜びですね。

●ネットだけの関係はありえない。
 よくメールだけで調教して欲しいとかいう話もありますが
 私は、嫌いです。そんなことはしたくもないし、できません。
 「会う」ことは絶対に必要なことです。
 実際に会って、目を見たり、反応を見ない限り
 相手に何が必要かを感じることはできないからです。

●一頭か多頭か
 私は既婚者です。
 私と関係を結ぶ=不倫ということになります。
 すでに、多頭です。
 また、多頭であることを否定もしません。
 私をどうしても必要とする女が2人以上になった場合
 相手が一人でなければ嫌だというのは
 私をどうしても必要ではないということです。
 仮に多頭であっても、会っている時はその相手との時間です。
 それをいかに過ごせるかじゃないでしょうか?
 大事なのは、私と一緒にいたいかどうかです。

個別の質問はどうぞ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://dokugumo777.blog.fc2.com/tb.php/15-8dccfe63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク