FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:33:18

にほんブログ村

「絶対を求める」とか「絶対的な関係」を嗜好しているならば
なぜ、嘘をつくというテーマでは何度も書いています。

同じように、主を乗り換える人って多いですよね。
恋愛でもそうです。
かくいう私も何度も乗り換えられました(笑)
結局、保険をかけているんだろうけれどね。

やっぱり筋道つけるって重要じゃないですか?
気持ちとして、ひかれてしまうというのはわかる。

でも、その先のやり方ってあると思いますよ。

よくあるのが、主という存在があるにもかかわらず、
主とうまくいっていないことをブログなどで書き
「かわいそうでしょ」と見せておいて、他の男を引き寄せる。
そして前の関係を終わらさないで、
申し込まれた段階で、次の関係にうつっていく。

ヘタすりゃ、もう相手と面接ややっちゃっていて
新しい主ができましたので、終わりにしますとか言っちゃうのもいる。
散々、面倒をみさせておきながら(苦笑)

んで、こういう人が「多頭」なんて信じられないとか
絶対的な関係とか書いていたりするんだな。
わらっちまう。

根底にあるのは、逃げだよね。
少なくても、主という存在をきちんと見ることから逃げている。
自分のブログなどに、主とうまくいっていないことを書くならば
主に対して、きちんというべきでしょう?

主には言えないでも他のS男性など不特定多数には言える、
その関係性には疑問符がつきますよ。

主とうまくいっていないことを相談するのならば
同じような立場と限られたところだけですべきこと。

そのうえで、関係性がだめだと判断したら
主に解放を願い出たうえで、次に進む。
これくらいはやってほしいですよね。

私が主のいる女性と関係性を深めたくないのも
こういう考え方が根底にあるからです。

どうしても、私の従者になりたいという意識がない女と関係を結んでも
ろくなことはないですからね。

まあ、それでも順番が違ってしまうことはあるかもしれません。
だったら、そのことを恥じて、ブログなんかには書くのはやめてほしいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント
1. 無題
こんにちは。
毒蜘蛛サンのブログを読ませていただきました。

わたしにも主サンがいました。
主徒関係と恋愛もごちゃまぜの
臨機応変型?だったのかもしれません。

それが、いつしか境界線がわからなく
なってしまいました。


すべて伝えても
応えてくださらないようになって
めんどくさくなったのでしょうね


毒蜘蛛サンの好きなところ

嘘をつくことも、つかれることもないところ
筋道をたて白黒はっきりさせるところ
恋愛は別物といいきるところ


恋愛もごちゃまぜしていたわたしなので
その別物!といいきるところは魅力的にも感じそれを求めてしまう弱い自分がいまの自分


ブログのお返事を書きたくて登録してみました!☆使い方がまったくわかりません~(>_<)

またみにきます。

mocha│URL│2013/05/07(Tue)07:56:33│ 編集
2. 無題
>mochaさん

コメントありがとう。
確かに、アメブロは使いにくいです。

毒蜘蛛│URL│2013/05/07(Tue)08:38:11│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://dokugumo777.blog.fc2.com/tb.php/124-9bd45f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク