FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2014/04«│ 2014/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:23:31

にほんブログ村

従者の方から
「関係に対する不安や不満をどの程度ぶつけていいのか」
とよく質問を受けます。

嫌われたくないという感覚が強いのでしょうが
「全部ぶつけなくてどうする?」というのが私の感覚です。

これまでも何度も書いていますが
そもそも従者の行動を解釈し判断したうえで
「許す」「「導く」ことが主の役割です。

不満や不安をぶつけたところで
「嫌になる」「捨てたくなる」という感情が浮かんでくる人は
そもそも「主」という自覚がない人でしかない。

従者に対する主である自覚があれば
ぞんざいな対応などできるわけもない。
覚悟をして従者であることを選んでいる相手ですよ。
主にも覚悟は必要なんです。


従者が抱える不満や不安は
自分では解決できないものですから悶々して我慢する。
その中で考えて出てきた答えは
「マイナス」「否定」にあふれた答えでしかない。
関係を続けたいのに、出てくる答えがマイナスでさらに落ちる…
全くもって、時間の無駄です(笑)

どうにもならないこともあるかもしれませんが
少なくても情報がなければ判断のしようもないのだから
さっさと言え!それから先は主が考えるでいいんです。

もしも、感情をぶつけていいか悩んだとしたら
今までの主の対応を思い返してみてください。

話を聞かずに、考えを押し付けてくる人ならば危険あり
(主の資質にかけるという意味です)

従者を見ている主ならば
話を聞き、従者の話から不明瞭・不確定な問題点を
従者から聞き出したうえで
建設的な策を強制ではなく提示することができると思います。

従者を納得させることができなくて
何が主だという思いはあります。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク