FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2012/11«│ 2012/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:45:48

にほんブログ村

なぜ、私に近づいてくる女性は
「言葉が軽いのだろう」

よろしくお願いしますのように、決定的なことを伝えておきながら
そのわずか数日後には、やっぱりやめます。

絶対にそれだけはやりません。
といった数日後に・・・なんてザラ(苦笑)

彼女たちもそれなりに悩んで私に近づいていると思いたいんです。
ですから、私は近づいてこられた段階で
必ず何度も何度も私の日記を読み返してくださいと書いている。

で、わかりました。
の数日後に、何度も読み返しました。
前に進みたいです。よろしくお願いします。的なことをいってくるわけです。

でも・・・そういう決定的な発言と行動が見事なまでにリンクしないんです。
正直今年だけでも、5人です。お願いしますといわれたのは・・・
電話でやっぱりとか、そんなのはよくある話でいいんです。

顔入りで裸の写真を送りなさい。
と書いているのは、裸に興味があるわけでなく
後戻りできない覚悟をさせるためなんですけどね。

SMネットの世界の片隅で発言するようになってからは
おそらく数十人という単位だと思います。

そりゃ納得いかないこともあるでしょうし
違和感を感じたりすることもあるとは思いますよ?
所詮、理不尽な世界ということは否定はできないですから。

それでも去るというのならば
去る理由を相手に納得するまで伝えるべきではないでしょうか?
主に対して、ありとあらゆることに対して納得を求めるのならば
たとえ理不尽だろうが、アホなことだろうが
真摯に対応して、納得させるべきではないでしょうか?
そういう風にしている人は正直ほとんど見ません。
離れた段階で、

これが私が口説くように近づいたのならば
そういう行動をとられても仕方ないと思います。

ただ、私は自分から近づいたり口説いたりはしませんから
相手から近づいてきているわけです。
その上での発言をコロコロ変えられたら、さすがにたまらんです(苦笑)

ここまで続くとなると、女性の特性なのか
それとも、私自身にそういわせてしまう何かがあるのか?とも思ってしまいます。

からかい程度の人は、言葉に心がこもっていませんから
こちらも本気にはしません。

でも、近づいてくる文章を見ると、とても気持ちがこもっているんです
最初のうちは・・・いや極端な例だと、離れることを伝えるまでは(苦笑)

これだけ、書いても防げませんし
今後もたくさんそういうことを喰らうのでしょう。

でも、改めていわせてください。

従者といえども、行動や発言の責任はあるんです。
覚悟をもった発言をした以上は、
言葉を発した責任を感じ、行動してください。
逃げ出すというのは、責任の放棄です。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

17:06:49


にほんブログ村

逆クリスマスばりに、喰らいました。

は○かの写真も送ってきてねえ(笑)

面接日程も決まっていてですよ。

訳ワカリマセン。


22:55:11

にほんブログ村

SMをする人間には、狂気があると思う。
特に「主」「サディスト」
今は、ほとんどない。

SMの出版物で描かれている主像は、乱暴・粗暴
己の欲望のままに、従者を蹂躙する構図ですわな。
かつては、私もそれに似た状態だったこともある。

粗暴でいることで、狂気を発散していた。
自分ではおとなしい方だとは思っていたが
当時の女には、感謝したほうがいいのかもしれない。
犯罪者にならないですんだという意味で・・・

なぜ、狂気があったかといえば
私の場合は、不安からだったと思う。
あとは、若さかな。
漠然とした未来に抗っていたといえばいいのか
仕事、社会人としてこの先やっていけるのかどうか
社会の中に居場所をみつけられるのかどうか・・・
そうやってもがいていたのが、20代だったと思う。
様々なプレッシャーからの逃げだったのかもしれない。

ただ、30を過ぎたころからは、狂気が減った。
仕事での居場所をなんとか確保できたことが大きい。
将来どうこうの前に、積み重ねていくことの重要性に気づいたのもこのころ。

30代の私は、従者の教育に主眼をおくようになり
SMをすることが極端に減った。
自分の欲望は、散発的にやってきたのを発散すればよくなった。
それがゆえに、去っていった女もいた。
狂気がなくなり、SMをしなくなった私には魅力がなくなったのだろう。
その女は、SMを求め他の男の下へいった。

以来、私のスタンスは、精神的に不安定な女に、居場所を与え面倒を見る。
うそで固めない限り見捨てない。
必要以上にまっすぐに対峙する。
SMプレイというよりも、飴と鞭の使い分け・・・
「主」ということを強く意識するようになった。

そして、40代になった。
今の私に狂気はほとんどない。
どこかにはくすぶっているのかもしれないが
有り余るエネルギーがあってこその狂気。
そこまで、エネルギーはない。

今後女ができるのかどうかは、さっぱりわからない。
でも、40代になった私には、今だからできる、行うことがあると思う。
それはいったいなんなのか?
狂気は復活するのか?
理性を必要以上に保とうとするのか?
女と接することで、エネルギーも生まれるかもしれない。

どうなるかわからないことも、悪いもんじゃないな。

プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。