FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2012/05«│ 2012/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2012/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:45:00

「考える時間をください」という日記で
http://ameblo.jp/dokugumo777/entry-11022791375.html
私からすれば、ロクでもない言葉ということを書きました。

それとはちょっと異なりますが・・・
「もう少し考えてみる、もう少し続けてみる」
という言葉について考えて見ます。

主従関係に悩み、いき詰まりから
このような発言をする人は多いと思います。

「もう少し考えてみる」
これは結局、結論を出せずに先延ばし、先送りですよね?

自ら新しいことを起こすこともなくズルズルただ待つだけ・・・
主が何もしてくれないとのたまわったりもする。
新たなことが起こるまでは、答えなんてなかなか出せやしません。 
考えるだけでなく、動かないとねえ。

というと、何をすれば?といわれます。
大体、そういうときは手を抜くというか忘れていることがあります。
たとえば、日々の報告をしていなかったり、課題をしなかったり・・・
思いを伝えていなかったり・・・します。

「もう少し考えてみる」の最悪なところは
自らの殻に閉じこもり、
コミュニケーションをとらないところにあるんです。

コミュニケーションがきちんととれる関係性である限り
その主従は簡単に破綻することはありません。
コミュニケーションに違和感を感じるのならば
解消することをオススメします。

そして、「もう少し続けてみます」
この発言は、もはや従の発言ではない。
とっても、上から目線というか
主に対しても見下した感が伝わってきますね。
結論出せない、仕方ないから、もう少し続けてみる・・・
ということですからね

「続ける」ことを頑張るってどういうこと?
少ししかできないと思うなら、即辞めるべきですよ。
頑張るのは、コミュニケーションをとることや伝えることでしょう?

些細な言葉の使い方かもしれませんが、
その言葉を選んだところに深層心理が隠されているんです。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

18:39:16

>お聞きしたいことがあり、またメッセージしました。 

S男性が女性(主従関係のある)とお別れするときはどのようにするのですか? 

>毒蜘蛛さんの場合はきっちりと話し合ったり、納得させたりしたりときちんときりをつけますか? 

>別れのシチュエーションを教えてください。 

>よろしくお願いします。 



こんなリクエストをいただきました。 



S男性が女性(主従関係のある)とお別れするときはどのようにするのですか? 



他の人がどうしているのかはわかりませんので 

自分の場合だけお答えします。 



>毒蜘蛛さんの場合はきっちりと話し合ったり、納得させたりしたりときちんときりをつけますか? 

>別れのシチュエーションを教えてください。 



以前「解消するならば・・・」という日記を書きました



>主従だろうが、恋愛だろうが・・・
 

>「自ら関係を終わらせる人は、情けをかけてはいけない」
と思う。
 

>むしろ、徹底的に痛めつけたほうがいい。 



>相手はどこかにやり直せるチャンスがあるのではないかと 

>希望を持ったりしてしまう。 

>隙を見て、どこかに可能性を感じてしまう。 



>これは、男でも女でも同じだが・・・ 

>特に男にその傾向は強いかな? 

>(私も似たようなものかもしれない) 



>相手を納得させるなり、あきらめさせるなり 

>「自分のわがままを通して、関係を解消するのだから 

>相手を納得させるべき、あきらめさせるべきだとは思いませんか?」 



>よく、こういうトラブルになって 

>「無視」する選択をする人多いですよね。 

>納得させられないからと「無視」する 

>その気持ちはよくわかります。 



>でも、その「無視」が中途半端だったりするんです。 

>中途半端な逃げ、無視は食らった相手からすれば混乱のもと。 

>携帯に連絡が来て困るとかが代表例ですよね。 



>相手は納得してない、あきらめられないから
連絡をとろうとするのです。
 

>無視するほど嫌だったらば、 

>メールも電話も着信拒否すればいいじゃないですか? 

>連絡させないようにすればいいんです 



>それでもあの手この手で接触を図ってくれば 

>「これ以上やると、法的手段に訴えます」 

>と警告を与えればいいのです。 

>それで、やってくれば弁護士や警察に届け出ればいいのです。 



>濃密な関係だったのをあえて切るのならば 

>自分だけ楽になろうという考え方はいけません。 

>そういう卑怯なやり方に余計に腹がたったりします(苦笑) 

>濃密だった関係だからこそ徹底的に切り捨てて欲しい。 

>あなたのメッセージを明確に伝えることになります。 



>離婚協議に時間がかかり、エネルギーを使うのと同じ。 

>付き合うのは簡単ですが、別れるのは大変なんです。 

>腹をくくって、関係を絶つ努力をしましょう。 

>それが、相手への礼儀ではないでしょうか? 



これが私自身の基本的なスタンスです。 

しかし、これを実践したことはわずかしかありません。 



なぜなら・・・ 

「ほとんどのケースで、従者(女)から逃げられることで関係が終わっている」 

つまり・・・逃げられっぱなしなんですね(笑) 



数ヶ月以上、関係が続いた方との 

別れのシチューエーションは、 

ここ10年は全て相手からの申し出です。 

私から別れを切り出したことはありません。 



別れたいと思っているでしょう? 

と気づかせたことは何度もありますけどね。 

私が捨てるのではなく、相手の意思で去っていってもらいます。 



私の場合は、主として従の行動を評価し、褒美や罰を与える立場。 

なにか不満に思うことがあったとしても、溜め込む必要性はあまりなく 

意向もすぐに反映しやすい立場にあります。 

私は問題はきちんと対処しようとする傾向がより強いというのもあるでしょう。 



従は、主に対し改善する努力をまずは見せてきます。 

主はそんな従を常に評価しますし、 

うまくいかなくても今は仕方ないか、と切り替えることも多いです。 



許すというか、従の行動を判断して、 

ダメなら好転するように手を打っていきます。 

それで、ダメなら別の方法をとっていく。 

ダメだからといって、あきらめることはしません。 

次の手を打っている途中に「捨てよう、別れよう」とはなりません。 



まあ、強いてあげれば私は醜いウソが嫌いですから 

ウソを連発されると、嫌になるということは言えます。 

しかし、ウソをつき続ける従者はそのうち自らにもウソをつき 

苦しくなって去っていきます。 



ゆえに、現実は、私がわざわざ別れを告げる前に 

従者の方が去っていくということになるんですね。。 



捨てる可能性があるとしたら 

「私の家庭や仕事に危害を与えようとした場合」くらいでしょうかね? 

でも、そんなことをしてまで別れようとする人はまずいません。


22:22:52

SMの世界にいる圧倒的多数は、
「主」と「奴隷」として関係性を紡いでいるのが現実。
でも私は、「従者」を「奴隷」としては扱わない。呼ばない。 
私自身も、従者も「奴隷」をできないからだ。

奴隷という言葉の意味を考えてみよう。
(大辞林より)

(1)人間としての権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。古代ギリシャ・ローマのもの、近代の北アメリカの黒人奴隷など。日本古代の奴婢
(ぬひ)もその一種とされる。

(2下僕。しもべ。

(3あるものに心を奪われて自主性を失い、行動を束縛されている人


SMを嗜好する人の頭の中の多くは(1)の
「人間としての権利・自由を認めらない所有物」
「全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象」

完全な支配とか、絶対的な存在という表現を使う人が
とても多いですからね。

しかし、
(2)、(3)の
「下僕」や「心を奪われて自主性を失っている」
が、SM的な主と奴隷という現実に近いのかもしれない。
 

この頭の中と現実のズレが結構ややこしいものに
しているような気がします。

完全な支配、権利を認められない所有物という世界を
いざ実践しようと思ったら・・・
「檻につないで外に出さない」ことくらいしかできないでしょう。
これって、所詮妄想の世界ですよね。

主側としては、経済力と生活環境が整えば
それができるかもしれない。
感情をなくして、接することはできるでしょう。
モノならばね・・・

ただ、私は人形を相手にしてもつまらないし
そんな経済力も生活環境も無理なので「できない」

しかし、多くの主と自称する方々は
「愛奴」とか「大事にする」とか・・・
感情をしっかりこめているにも関わらず
「奴隷」として扱おうとする。


愛とかいうならば、人間として扱いなさいよ。といいたい。
奴隷とするから、相手が混乱するのではないのかね?

じゃあ、従側はどうなのか・・・
「完全な支配、権利を認められない所有物」である奴隷は
感情なんぞ無視される世界。

本当にそれを求めますか?
仮にそれを求めるのであれば、
「役に立ちたい」「便利な道具になる」
そんな気持ちすらいらない世界ですよ?
「奴隷」という言葉の重みをよーーく考えてみましょう。

多くのM女は、自分の心をさらけだせなかったり、依存心や逃げ
性的な快楽もごっちゃになってM女と自称していますよね?
心をすごく求めますよね?
認めて欲しい、受け入れて欲しいといいますよね?
それって「奴隷」じゃないですよ?

「奴隷に感情はないんです。モノです。心も蹂躙されるんです」
ちゃんと、理解してますか?
奴隷に選択権はなく、ただ単に服従のみ・・・
歯向かったら、暴力で抑えつけられるだけ
それが、本来の奴隷という言葉が持つ現実なんです。

それなのに、自分は「奴隷だから」といって自らに
暗示をかけるかのごとく
「奴隷」ということにこだわる。
頭では、奴隷という言葉の持つ意味がわかっているのに
心はついていかない。

の悩みをブログにUPしている人の多いこと(苦笑)

信頼関係が大事ですという。
奴隷に信頼もクソもないよね?
モノみたいなもの・・・

奴隷ですといいながら、信頼関係が大事だといっていることに
おかしさは感じませんか?

不幸なのが
主が奴隷扱いする意識が強く
従が無理矢理「奴隷」を受け入れようとする構図。

従が「奴隷」でいなければ・・・という意識があるから
できる限り、受け入れようとする。受け入れなければならないと思う。
でも、主は奴隷として扱っているから
受け入れて当然という感覚で扱う。
で、奴隷としての反応を見るとか言うんだな。
それで、従の心を追い込んで、最後は言うことを聞かせようとする。
それが、調教とかいったりする。

心を求めている従者に対して、心を排除する主。
かみ合うわけがないんですね。

ということで、私からの意見ですが・・・

(主の立場の方へ)
「奴隷」として扱うならば、心の面倒なんてみずに
ひたすらモノとして奴隷として扱いなさい。
暴力だろうがなんでもいいでしょう。
相手は、奴隷なんですから・・・情けは無用ですよ。
ただし、警察に通報されて捕まるリスクは負ってくださいね。

相手がNOといえない状況で結んだ約束は無効になる可能性がありますから、監禁罪で逮捕なんてこともありえますよ?

感情も含めて、関係性を紡ぐならば
従者を奴隷として扱うのは、やめませんか?
相手を従うことに喜びを感じる人間として扱いましょう。
奴隷か人間かの差は大きいんです。

(従者の方へ)
奴隷を名乗るならば、主の心を求めなさんな。
奴隷には一切の権利はないのだから、死んだ心で過ごしなさい。
それが、奴隷という生き方です。

それができないならば、奴隷ではなく人間として生きましょう。
奴隷でなくても、絶対的な忠誠は誓うことはできます。
主人と家臣の間には、
絶対的な忠誠がある場合が多かったはずです。
奴隷だと意識しすぎるから、破綻を招きやすくなると自覚してください。
自分自身を受け入れて欲しいんですよね?
その上で、仰ぎみたいんですよね?
心が欲しいんですよね?
ならば、奴隷という立場だけは受け入れてはいけません。

人間として生きてください。
あなたには、あなたの人生があるのです。





16:40:13
従者から気持ちが不安定だから沈んでいるからうまくできない。

と、何度も言われたことがある。

そりゃそうなんだけど、それでもやるかやらないかで大きな差が生まれてしまうと思っています。
私は主として、従者の前のめりの失敗は高く評価します。沢山失敗してほしいと思っています


調子いいときには大体のことはうまくいくのは当たり前。

調子が悪いときにうまくいくやり方をみつけておけば、後々役立つことも多い。失敗することも経験です。

失敗を恐れ何もしなければ何にも生まれません。
主の立場から従者が失敗を恐れウジウジしているのをみると、なんで?と思うんです。

前のめりの失敗をしなさいといっているにも関わらずしないんです。

できないどうすればいいでしょうと聞いてくる。これは困ります。
すぐに答えを欲しがるんですね。

いくつか失敗を重ねてからでないとわからないことも多いんです。

すぐに答えを与えたら身につきませんよ?

失敗を重ねても、意味がある失敗ならば上にたつものは必ず評価します。応援したくなります。

私自身も沢山の失敗を重ねました。
信頼を裏切ったり首になりかけたことも何度もあります。

でもその失敗は今活かされていることがとても多いんです。


前のめりの失敗は財産になりますよ。

18:16:00

以前、「なぜ恋愛ではなく主従なのか」の日記の続きになるのでしょうか?という日記を書きました。
http://ameblo.jp/dokugumo777/entry-11092837226.html

この日記のコメントで名無しさんから
「主従に恋愛感情を持ち込んだら破綻するとよく言いますよね?」

という質問をいただきましたので、その返答になります。

**************************

主従に恋愛感情を持ち込んで破綻するかどうかは
その関係性次第でしょう。

「主にも同じように求めたり甘えがでたり。
ようは分をわきまえることができなくなる」
のが理由かなと思います。

噛み付いてしまったり。
と質問者は分析していました。

恋愛というものをどう定義するかということにもよりますが
世の中には、「愛奴」と従者を呼ぶ人もいるわけで
恋愛的感情を主従に持ち込むことは可能ではないかと思います。

互いが、どうその人間関係を捉えるかによって
決めればいいということです。

恋愛と主従を一緒にしようが別にしようが
それは自由でしょう。
ただ、スタンスについては関係を結ぶ前に
しっかり確認しておくことを私はオススメします。

私の場合は、
求めようが甘えようが構いませんが
既婚者であり、家庭を壊すことは現時点では
全く考えておりませんので
「互いに求め合う関係」という意味での恋愛はないです。
そこまで、女を必要としていません。

相手が求めてくるのは、構いません。
むしろ、求めてきなさいといいます。
主従という関係性ならば、私が主導権を握りますから
相手の暴走は防ぐことはできます。
分をわきまえているかどうかは、私が判断して
判断を下せばいいだけのことです。


従者が恋愛的アプローチを持ってくるのは
問題ないと思っています。
成就するかどうかは別としての話です。

また、これも質問にありますが
「なぜ主としての自分を保てなくなるのか」ですが・・・
これは、自分の経験を基に書いています。
主従がスタートで、恋愛感情を強くもってしまった経験があります。

なにゆえに、成就しなかったのかは言いません
これに関しては、どんなに突っ込まれても言いません。

そのときの経験からいうと・・・
1、私が恋としてのめりこんだら、冷静な判断を下せなくなった
2、対等の目線になったことで、主従関係ではなくなった

ことを感じましたので、記しました。

新たな関係性を作ればいいのでは?
と指摘を受けましたが・・・

主従でも恋愛でもない新たな関係性というのは
そこまでしたいと思える人が現れればしますが
現時点では、そういう対象がいないので
考えようがないというのが正直なところです。





それから、名無しの方へ・・・
アカウントがなくても、名前を記入することはできます。
私に突っ込みをいれるのならば、名前くらいは書きましょう。
mso-hansi-font-family:Century">


プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク