FC2ブログ
〝主従関係〟について、自分が積み上げてきた考えや感じたことを書いています。性的描写は一切ありません。読者の方にとって一助になれば幸いです。
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:28:29

ドンキホーテで買ったものです。

なにかがおかしい。

きづいたのは10分後でした。 ちなみに、2ヵ所あります。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


09:00:00



久しぶりの困った女シリーズ、第3回です

今回は、FC2のブログで公開しているアドレスに
女性の携帯アドレスから直接メールが届きました。
女性の名前は仮名でA子としておきます。
今回は4日目のやりとりですが・・・実は最終回です!(笑)
なぜ、こうなったのか・・・
私にも全く想像すらしなかった理由がありました。

***********************************

<朝のメール>
今日は午後時間ある時毒グモさまのブログの1000の質問ちゃんと全部読み返しまする(*´︶`*)


<私の返信>
あれは、10年以上前に書いたものですよ

<A子の返信>
全て読み終わりました*(^o^)/*

結構前のですね・・・変わってますか?

体重とか・・・

<私の返信>
172 82キロかな。筋肉と骨が重たいらしい。ブタではないと言われている

**************************
中年太りというわけではないが、44歳。
もともと骨太&筋肉質でガッチリタイプの俺。
学生時代に肺炎をこじらせて入院したときに
71キロに落ちたときは・・・母親からガリガリにやせたわね。と言われたほど
決してやせているとは思いませんが、肥満ではないとは言われています。
ガタイがいい。

で、なぜこんなことでひっぱるのかというと・・・
この後の返信がこんな感じ(笑)

***************************

<題名>ありがとうございました!
毒グモさま

この度は急な私からのメールに真摯に対応していただき本当にありがとうございました。

私も自分の心に素直になりながらメールを書かせていただき今までにない時間をいただけてありがたかったです。

正直に申し上げてその体重の方に欲情出来る自信がありません。自分を棚に上げて申し訳ございません。
(*注釈…彼女は普通の体格です)

これ以上お時間をいただくのは申し訳ないと思いメール送ります。

電話もキャンセルさせてください。

心からのお礼と非礼へのお詫びをさせてください。

そしてこれからの毒グモさまのご活躍をお祈りしております。


********************************

なんと、私の体重が原因でごめんなさい!!ときたもんだ(大爆笑)
いやーー笑えた。

最初のメールから4日でこれです。
いったいなんだったのでしょうかね?
何も考えていないのか、何か隠しているのかいないのか・・・
私にはまったくわかりません(笑)

こういう大どんでん返しってなんなんでしょうね?
向こうは携帯のアドレスで送ってきたわけで
いきなり会ってくれといわれて、、対処してたらですからね。

お礼とお詫びをさせていただきますとありますが
「必要ありません!」@笑

でもいいんです。結果として楽しめましたから(笑)

こういう悪運だけは強いのかな?

私は彼女にこんな返信をしました。

***********************************

あなたとのやりとりは
後日、ワケわからない女シリーズとしてアップさせていただきます。

いいネタができました(笑)

**********************************

こんなオチがついてくるとはだれも想像できませんよね。
なので、今回UPした次第です。

読者の皆様、笑えましたか?



最後にこの場でA子さんへメッセージ
(彼女はこのブログの読者でしたから)

今後もあなたは男を探すでしょう。
今度はまず相手の体型を確認されてから
近づくようにしてください。




09:00:00



久しぶりの困った女シリーズ、第2回です

今回は、FC2のブログで公開しているアドレスに
女性の携帯アドレスから直接メールが届きました。
女性の名前は仮名でA子としておきます。
今回は3日目のやりとりが中心です。

***********************************

自己PRを求めたところからの続きです。
複数のメールをまとめています。


生年月日は1980年11月●●日。
三人兄弟です。

子供の頃はピアノバレエお絵描き英語のならいごとに忙しく
学生時代は生徒会と剣道部

※このあとは、簡単に記しますと
 高校時代の留学経験や
 大学時代にどんな生活をしていたかが書かれたもの。
 大学卒業間際に結婚したようですが、結婚に至る過程が延々と書かれていました
 結婚後のことからA子の文章に戻ります。

『それはそれで人生か』と思っていたら結婚1か月で妊娠 
25歳と28歳で二人の子供に恵まれ子育てに追われていました。
そして気が付いたらむかえた30歳

周りからみたら何ひとつ不自由しない生活に見えることかと思います。
現に「何が不満なの?」「なんの文句?」ってよく聞かれます。
子育てと仕事に理解のある夫。 経済的に協力的な両親。
でも、 私は見失っていました。
本当の私は一体何者なのか。
それをエゴというのかもしれません、、、。
両手にある幸せを大切に生きるべきという人の方が多いと思います。。。

ただ振り返った時に、目覚めた自我をずっと抑えたまま、 
今に来た気がします、
今の夫に自分のM性を告白した時に、 夫から出た言葉は「 俺もM。。。」でした。。
それからは追求した話はしていません。
夜の生活はないわけではありません。 相手がMであるなら私はなんとなくならコツはつかめるので。。。
Mってなにかな、 という軽い気持ちからいろんなブログを読みました。

その中で一番忘れられないのが
毒くも様の
「居場所」というエントリーでした。
もう一つは
「口紅と姿見」 でした。

私が求めていることがそこに書いてありました。
自分の性を認めていただける場所を求めているのだと思います。

<略>

なんで私がお会いしたいかと思ったかは
えーと
私は自分の変態さというか、M性を認めてくれてくれる人をまず求めています。
その性ゆえ認めてがんばりを褒めてくれる人の為なら多分普通の人より
何倍もがんばれます…

何故夫にそれが無理なのか。 何度も話しをしようとしました。
でも彼には理解ができない、或いはしようとはしない人でした。
他に不満はあまり無いです。 不仲という訳でもありません。
私の人生自分の性に対する枯渇感を共に生きるべきか、
迷いました。今も迷っています。

私には一度だけ「ご主人さま」と読んでいた人がいました。
ダメになった原因は私の見る目不足としか言いようがありません。 言ってる事があまりに変わりすぎて(全てを俺に捧げろ行動報告は全てしろ→既読無視→何か間違ってるところがあるなら教えてください→いやだ→どん詰り)

私は多くを求めるつもりはありません。
自分に刺激となる安定した関係、と書くとまるで矛盾していますがそのままです。

調教を求めてはいません。
自分が女である場所は求めています。
実際にお会いして自分からそのチャンスをいただけるなら、、、と思っています。

***********************************
この日のやりとりの中では、彼女が私を求める理由が伝わってきました。
とてもストレートに書かれていて私の書いてきたものを
読んできてのメールなんだなとも思えましたね。
ま、正直に言うと、にやついてしまいますわな(笑)

彼女から会いたいという希望を受けていたので
その前に、電話で話す必要性がありますからと私の番号を伝えました
彼女の番号は求めず、最初は非通知でかけるように言いました。
これは、番号を伝えるという決断をしてもらうためですね。

2日後に電話で話をすることを確認したことで終わりました。

次回へ続く

08:50:55




お待たせしました!!
久しぶりの困った女シリーズ最新版です!
数回に分けてUPしていきます。



今回は、FC2のブログで公開しているアドレスに
女性の携帯アドレスから直接メールが届きました。

女性の名前は仮名でA子としておきます。

<1日目@初めてのメール>
毒グモさま
はじめまして。
私は大阪在住の35歳です。

毒グモ様のブログを全て拝読し、 惹かれる何かを止めることが出来ずにメールしました。
私は既婚です。
年齢も若くはありません。
今までエセドS男性には嫌という程会いましたが
本物には1度も出会ったことがありません。

一度お会いしていただけませんか。
御縁がありますこと祈っております。

<1日目@2通目>
―略―
私のLINE idは・・・・・・・・・です。
まだ初返信もいただいてない段階で些か前のめりすぎとは思いますが・・・(´・_・`)
ご気分を害してしまったらごめんなさい(>_<)

(A子)

******************************
ずいぶん、積極的で前のめりなメールだなというのが第一印象。
夜中に届いていたので、関西在住ということを意識して翌朝返信しました。
******************************

<返信>

取り急ぎの返信をさせていただきます。
まず、私は、サディストではないので
本物のサディストと評価されても困ってしまいますね(笑)
(もちろん、経験者ですが経験したうえでサディストではないと思っています)

大阪在住ということですが、私は都内在住です。
なかなか会ったりというのは難しいのではないでしょうか?
(物理的にです)

―略―

SMやSEXがしたいというわけでもないですし
偉そうな言い方かもしれませんが
どうしても私が必要だ、それでも面接をうけたいという女性のみ
やりとりをするようにしています。

また現時点で、あなたは遠距離ということですので
「主従」という濃密な関係性は難しいと思っています。

突発的に対応できないですからね。
向き合い続けることはそれだけ大変なことだと実感していますので
難しいならやらないのがベターです。

遠距離の方の場合は、主従ではなく 男と女としての関係。

私の時間を求める女性に対し
時間が合えば、甘えさせる時間を作るということはありえない話ではない。

―略―

どんな形でも縁は縁。
つなげようとすればつながりやすくなるのではないでしょうか?

なお、LINEについては
私は「あえてやっておりません」

******************************
こういったメールに対する私の返事は大体いつもこんな感じ。
日記に書いていることをかいつまんで話をするだけです。
遠距離主従は私の場合は難しいのできちんと伝えておくことはしました。
現実を伝えることは重要ですからねえ。
午後になって返信がきました。
******************************
<2日目のメール>
毒グモさまは、サディストではないとのこと。
ごめんなさい、私もSMやsexがしたくて連絡をした訳ではありません。
私はドMですが叩いてほしいとか縛って欲しいが先ではなく、
まず相手の関係性が第1で、精神的な主従関係を望んでいるのだと思います。
すみません説明が下手くそで(´・_・`)

やはり遠距離でその様な関係を結ぶのは難しいとの事、 理解できます。

では男女の関係としてはどうかというお話しですが、
今すぐに「その関係でもいいです!よろしくお願いします!」
と答えたら甚だ嘘くさいとお感じになられるのではないかと思います。

ただ、このような自分から連絡をとりたいと思って、
実際に連絡をしたのは初めてで(思って途中でやめたことはあります)、
なんていったらいいのか、あのがんばりたいです。

ただ、毒グモさまが書いてらしたように
「難しいならやらないがベター」も頷きながら読みました。
難しいのは想像できます。今ならまだ何もない時で
やめた方がいいのかもしれない(>_<) と葛藤しています。
すぐに自分から結論が出せずごめんなさい(´・_・`)

******************************
私のメールの意図をなんとなくは感じてくれたようで
まあまあ良かったという感じでした。
ここからは互いを知るという意味で自己PRを求めました。

以下、次回の日記に続く。

16:57:43
今回の日記は、主従とは関係ありません。
「このクソガキが!」に続くクソ野郎シリーズ第2弾です
http://ameblo.jp/dokugumo777/entry-11073263304.html 

先週の土曜日、私は地元の駅のドトールにいきました。
用事の合間、1時間時間が空いたし、雷雨の直後で雨宿りをかねて・・・

座席は、奥の喫煙席(12席)
奥に対面で座れる7テーブルあり
私は左から(5)番目、右から3番目の席に座った。

左の(1)(2)には、地元のパチンコ屋の常連を思わせるばあちゃん2人組。
一番右の(7)の席には、女性が座っていたため
私は(5)の席を選んで、アイスコーヒーを飲みながら
携帯でNEWSをチェックしていた。

10分後、ひとりのおっさん登場。
小奇麗なホームレスというか、切っていないボサボサの髪で
不潔感漂う男だった。

奴は、(1)(2)に座っていたおばちゃんにデカイ声で一言二言挨拶したため
「うぜー奴がきたな」というくらいにしか感じなかったが
奴はなぜか(6)つまり俺と右端の女性の間に座りやがった。

そして、アイスコーヒーを飲んだと思ったら、席をたち
水を汲んできてガブガブ。
イチイチ騒々しい奴やなと思っていた。

すると・・・
「おばちゃん!●×■△・・・・」と
俺を飛び越してしゃべりはじめた。
しかも、俺にツバがかかるくらい大きな声で耳元で・・・

をい!!
だったら、最初からおばちゃんの隣に座れよ!
と思った俺は、すぐに・・・

「俺を飛び越して話をするな!話をするならあっちにいけ」・・・とジェスチャー交えて抗議した。
すると、おっさん、黙ってくれた。

そして、「すいません」といってきたが
俺は背をそいつに向けるように座ることで
「アホか」こいつはと思いながら、携帯をいじった。

その後、このおっさん。
なぜかイライラしはじめ、コップに水を3回も汲みにいくなど
以前にもまして落ち着かない様子を見せるので
「うぜー奴だな」という思いをさらに強くした。

そして、俺が注意してから15分後
このおっさんは、立ち上がると・・・

「おい!俺はあやまっているんだぞ!なんで無視されなきゃいけないんだ!」
と大声で逆キレしてきやがった。

「はあ?」マジ俺に向かっていったの?とそいつを見ると・・・
仁王立ちして俺をにらんでくるじゃねーか。
いい度胸だ。

俺「はあ?」
おっさん「俺はあやまったじゃねーか、なんで背を向けられたり
にらまれなきゃいけないんだ」
「ふざけんな!」
と再び、怒鳴ってきた。

をい!なんで俺が怒鳴られなきゃならんのや。
こいつの主張は、自分が悪いことをしたが謝ったんだから
「大丈夫ですから」といって欲しいということだったらしい。
アホ確定。

喧嘩売ってくるなら、喜んで買うぞ。
俺はこういうときにはとても気が短い。
しかも、見た目からしてだらしない不潔なおっさんに
わけのわからぬことを言われて黙っていられるほど人間できていない。

もちろん♪いい返してやりました。
「アホか、おまえが俺に迷惑をかけ謝ってきたらそれで物事は終わり。
イチイチ、リアクションすることではない。まして、おまえにキレる資格はねーだろ?
おまえをにらむなんてするわけねーだろ?俺はおまえのことは見たくもねー
関わりたくねーから背を向けたんだよ」

すると。。。
「俺は謝っているんだぞ!いいか俺は謝っているんだぞ!!」の連呼。

俺は
「あたりめーだろ、俺を飛び越えるように話をしたのはおめーじゃねーか
迷惑したんだよ。常識知っているんか?」

奴は
「俺は謝っているんだぞ。なんでにらむんだ」の一点張り。
しかも、震えながら拳を握り締めて・・・

ここで、店員さん登場。
「どうしたんですか?店内ですから・・・」

すると、おっさんまた・・・
「俺は謝ったんだ!」とほとんど壊れたテープレコーダー状態。

店に迷惑かけるわけにもいかんから
「表にでろよ。きちんとおまえのような奴にもわかるように
理由を説明してやるから」

といい、表にでるように促しても・・・
言葉にならない叫びを連発・・・
仕方ないから、なぜか俺が席をたち外にでました。
まだ15分は時間をつぶしたかったにも関わらず・・・

そのおっさんがどうなったかは知らないが
とりあえず、常識と日本語を勉強しろ!!

気分が悪い土曜日の昼でした。



<a href="http://love.blogmura.com/love_shuju/"><img src="http://love.blogmura.com/love_shuju/img/love_shuju88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ" /></a>



プロフィール

毒蜘蛛

Author:毒蜘蛛
自らの経験を基にした〝主従関係〟について綴っております。
性的描写は一切ありません。
更新は滞りがちですが、なんとか月に1度はUPしたいと思っています。

ご来場のかた、もしよろしければ、コメント欄に一言残してください。
コメントは承認制にしています。
非公開希望のかたはその旨記していただければ公開しません。

連絡用メールアドレス
dokugumo777@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
リンク